顎のたるみ 解消

顎のたるみ 解消  F

顎のたるみ 解消

顎のたるみ 解消   F

 

気付かない内に撮られた写真、ふとした瞬間に見た鏡やガラスに映った顔を見て「あれ・・・こんな輪郭だったっけ・・・?」と思ったことはありませんか?

 

また、体重が増えていないのに、あごの下にあるタプタプとしたお肉の存在に気付くことはないでしょうか?あご周りの脂肪が目立つようになると、いくら顔に対してたるみケアを施したり、キレイに化粧したとしても、フェイスライン自体がボヤけてしまっているため、スッキリとした印象を得ることができません。

 

あごは、一度たるんでしまったらなかなか一筋縄では落とすことができない難しい部位です。

 

そこで今月の『顔のたるみ研究所』では「あごのたるみ」に焦点をしぼって、生活環境やたるみのメカニズムなどを徹底検証。あごのたるみに悩む人々の生活や食生活に迫り、スッキリとしたあご周りになるためのマッサージ法、食事などを幅広くご紹介!

 

この夏はあごをスッキリとさせて横顔の完成度を高めましょう!

 

「あごのたるみ」について、世の女性はどんな認識を持っているのでしょうか?『顔のたるみ研究所』では、あごのたるみについてアンケートを実施しました。
(調査概要:インターネット調査 10代〜70代 ドクターシーラボWEB会員497名 2012年6月)

 

あごのたるみチェックを実施!79%に「たるみ」現象

 

「あごのたるみを気にしたことはありますか?」という質問では、84%が「気にしている」と回答。また、アンケート回答者に、壁に後頭部と両肩を付けてあごを引く実験をしてもらったところ、79%が「あごのたるみが現れた」と回答し、約8割の人が自覚するあごのたるみを抱えていることが分かりました。また10人に1人はその実験であごのたるみに気付くという結果に。

 

あごのたるみ画像01.PNG

 

 

あごのたるみを自覚しているものの、ケアしているのはたった3割

 

また、84%が悩んでいると回答した「あごのたるみ」に対して、「何かケアをしていますか?」という質問をしたところ、全体の72%が「ケアをしていない」と回答。前述の「あごのたるみを気にしたことがありますか?」という質問で「気にしていない」と回答した16%を除いてみても、「あごのたるみ」に悩む2人に1人はケア方法が見つかっていない、という結果に。

 

あごの下にある筋肉は、普段ほとんど使われていない筋肉です。年齢とともに筋肉が衰えるので、あごのたるみが気になり始めます。あなたは、すっきりとしたフェイスラインになりたくありませんか?

 

二重あごを解消することができれば、小顔美人になれます。そこで、「あごのたるみ」「二重あご」「首のたるみ」を解消できる、簡単な部分痩せダイエットの方法をご紹介いたします。